毎日がひとりオフ

ネットの話題とITと音楽。

誰かが誰かの死を歓迎する社会

こんにちは、noboruです。

 

 本日、ちょっと、いや、かなり憂鬱を誘うニュースがありまして。

そのニュースがとりまく事態と、ぼくらの暮らす社会に対して、いろいろ思うことがあり、取り上げてみることにします。

 

報道によれば、昨年11月自殺した大学生の女性が、交際中の相手から「死ね」等のメッセージを何度もLINEで受けていたことが判明。その交際相手だった大学生を逮捕、ということだそうです。

 

なのですが、インターネッツにて掘り起こされたあれやこれを拾い集めて行くと、あまりにも複雑で、上面だけでいろいろ語れない事件なようです。

 

 

ぼくが把握している限りでは、

[報道]自殺した女性は精神疾患で不安定な状態、いわゆるメンヘラだった。

[被害者のTwitter]どうやら逮捕された男子大学生もメンヘラだった。

[被害者のTwitter]死亡した女性は、直前に心中未遂を起こしていた。

[被害者のTwitter]自殺した女性は以前からリストカット写真を投稿するなど自傷行為があった。

[被害者のTwitter・未確認]心中未遂の相手は逮捕された大学生ではない?(同じ人物との見解もあり)

[報道]被害者の女性から男子大学生に、直前別れを切り出していた。

というところなのですが、とにかく闇が多い。これ以上調べると自分の心が壊れそうな勢いです。

 

亡くなった女性のTwitterアカウントが発見されておりまして、件のLINEで受けた中傷がスクリーンショットとしてアップロードされておりました。

マスコミが使用している写真は、ここから引用されたものではないでしょうか。

前掲のぼくが把握している事情で書いたとおり、自傷の写真も多数あげられていて、ただの自殺強要ではなく、心の病が抱える闇のように思えました。

 

と、ここまでは「ことのあらまし」で。ぼくの心をどんよりさせたのが、Web界隈で書かれていた、この事件へのコメントの数々でした。「メンヘラに関わるやつが悪い」だの「死んで当然」だの。中には本件の関連ページに片っ端から、死亡した女性への中傷を書き連ねている人がいたりして。ご苦労様です。ぼくのチキンハートは、世間に対する疑心暗鬼でいっぱいになっております。

 

つらいけど、関わらないことが正解だっていう意見は正しいと、ぼくも思います。救えないものに生半可に手出しして、途中で投げ出すことのほうが無責任と思います。ただ、だからって「死んで当然」と言うのはいかがなのだろう。

おそらく「死んで当然」という意見の人は、その人の考える「より良い社会のための選択」として、その人が死ぬことがベターとしているんだと思います。

ただ、そんな意見の人であっても「こんなやつ俺が殺してやったのに」とは言わないんですよね。

 

今のインターネッツにおいて、特定個人に対して「殺す」と書けば、もめ事大好きな方々が喜々として「通報しますた」なんてニッコニコしながらレスポンスを返し、ワクテカしながら警察のインターネット犯罪通報窓口に投稿します。

なので、殺すという単語はタブーとして扱われています。

その、代替として世間に広まったのが「死ねばいいのに」という言葉*1

「殺す」と「死ね」、どちらも相手の死を望む言葉という点では共通しています。決定的に違うのは、前者は発言者が相手を手にかける意味を含むのに対し、後者は誰が手を下すのか意図的に伏せられている点。

もちろん、ナイフを構えた状態で相手に「死ね」と言うのは明確な殺意であります。しかし、まったくの第三者が特定個人に大して「死ね」と言うのは、自分の手は汚したくないけれども、対象が排除されることは歓迎しているようなものです。

 

今回の事件で逮捕者が出たのは、その「死ね」が自殺教唆にあたるということでした。このことについては反発が多く、言葉狩りと感じた人も多数いるようです。

まあなんと言いましょうか、いままで許されていた「死ねばいい」という言葉がいきなり「NGだった」とされるわけですから、言論の自由が奪われたと取る人がいても仕方ないかもしれません*2

 

今回の事件では、逮捕された大学生と、自殺した女性、どちらが正しい、どちらに非がある、てのは、ぼくにはわからんです。

ただ、自傷という行為と、相手に「死んで」と何度もメッセージを送る行為、そのいずれも間違っていると思います。 

いずれにせよ、死屍に鞭を打ったところで誰かが救われるわけでなし。

誰も今回の事件で幸せにはならない、本当に不幸な一連の連鎖だったのだろうなぁ、と思わずにはいられません。

 

亡くなった人にも、逮捕された人にも、それまでの人生ってのがあるわけで。

誰かの死が歓迎されるのではなく、こんな不幸な事件が少しでも減ることを願うばかりです。

  

*1:僕の記憶する限り、「殺すぞ」も「死ねばいいのに」も、ダウンタウンの浜ちゃんが流行らせた記憶が。殺意や相手の死を望むという、本来は常識を逸脱した言葉なので、非常識なボケに対する非常識なツッコミとして使用していたのでしょうね。それが一般に浸透することで、ジョークの一線を超えて笑えなくなったのは皮肉です。

*2:といっても、「死ね」と相手に言うことによる自殺教唆は罰せられるようです